債務整理

債務整理とは

債務整理とは、債務の減免、利息のカット等をしてもらい、 借金に苦しむ日々から生活の再建を図る法的手続きのことです。 債務整理は大きくわけて「任意整理」「民事再生」「自己破産」「特定調停」の四つに分けられます。

 

債務でお困りの方へ

少しでも早く、債務の問題を解決しましょう!債務を放っておくと、状況はどんどん悪化していきます。
債務の額が少ないうちであればあるほど、手続は比較的短期間で済み、裁判所を通さずに債務を解決できる 可能性も高くなります。費用の分割払いに関しては、できるだけ相談にのります。

任意整理

任意整理とは残債務を利息制限法の上限金利で計算し直して債務が残る場合に債権者に、 司法書士が介入した以後の利息を無しにしてもらい返済について和解する手続きです。 利息制限法の上限金利(元本の金額に応じて15~20パーセント)を超えた利息で取引している場合には 債務を圧縮でき、また債務以上に払いすぎていた場合、払いすぎていた金銭の返還請求をします。 返済するのは、残金と最終取引までの法定利息となります。
その代わりに信用情報に載ります。

 

民事再生

個人版民事再生を適用すれば、住宅ローンのみを他の債務とは異なった返済計画案に組み込むことにより、 マイホームを失わずにすみます。
● 裁判所に申立てをして、借金の一部を原則3年間で払うことを条件に、残りの債務を免除してもらう 解決方法。
● 対象者は、住宅ローン等を除いた借金が5千万円以下である、将来的に一定の収入が見込める方です。 住宅を手放さずに債務の整理が可能です。
● 信用情報に載ります。

 

自己破産

自己破産とは、任意整理などによっても全く返済の見込みがなく支払不能が明らかな場合、 裁判所へ破産(支払不能)を申立て、免責を受けることにより、借金を免除してもらう解決方法です。
● 財産がある場合、生活に必要な財産を除いて基本的に失いますが、債務もなくなる整理方法です。
● 財産がある場合、それを全債権者に公平に配当することになります。
● 過度な浪費や詐欺的借り入れの場合、債権者から異議が出て免責不許可になる場合もあります。
● 信用情報に載ります。

 

特定調停

特定調停とは、管轄の簡易裁判所にて調停委員や裁判官が各債権者と債務者の仲介に入り、 余裕のある分割返済を目的とする協議和解による債務整理です。
● 利息制限法に基づき再計算し直した残元金を、 3年を目途(最長5年) に無利息にて支払計画を立て返済していきます。
● 信用情報に載ります。

 

基本報酬(分割払可、減額報酬不要)

任意整理 債務が残った場合 1社3万円
過払い金が生じた場合 1社2万円+回収額の2割
民事再生 住宅ローン条項なし 30万円
住宅ローン条項あり 35万円
自己破産 20万円

※その他、税金と実費が必要です。 また内容によっては報酬金額が変わることがあります。
※別途消費税がかかります。

 

北めい司法書士事務所にお任せください

自分が今置かれている状況ではどの債務整理方法が最適なのか、自己破産はどのように手続きすれば良いのか、 そもそも債務整理するべきなのかどうか、様々な不安があるかと思います。 北めい司法書士事務所では、あなたの状況をお聞きし、あなたに最もあった解決方法をご提案致します。 ご安心してご相談にお越しください。
■TEL:0568-27-3911
■mail:メールフォームはこちら