Q&A

Q. 相続を放棄するにはどうすればよろしいですか?

相続放棄するには、相続開始後、自己のために相続があったことを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に申述しなければなりません(民915条1項)。
この期間を過ぎると相続を承認したものとみなされます(民921条)。
ただし、利害関係人又は検察官の請求により家庭裁判所は期間を延長することができます。
なお、未成年者や成年後見人の場合、『その法定代理人が知ったとき』が起算点になります(民917条)。

<< Q&A 一覧