Q&A

Q. 株式会社にはどんな特徴がありますか?

株式会社には以下のような特徴があります。

1 株 式
株式会社では、資金調達の単位を細分化して、出資者を募ります。
少ない資金での参加を可能にすることで、多数の人の出資を集めるためです。
出資した人には、株式という地位を与えられます。
この地位は、出資した人がどんな人かは関係なく、株式の種類・数で決まります。
割合的地位にすることで、多数の人と会社との法律関係を明確にし、安心して株主として出資するようにするためです。

2 株主の間接有限責任
株主は、会社に対して、出資することとなった株式の価額を支払う責任を負うだけで、他に何ら責任を負うことはありません(有限責任)。
会社の債権者に対して何ら責任を負いません(間接責任)。
多数の者が安心して会社に資本参加できるようにするためです。

3 資本の原則
株主は間接有限責任しか負わないため、会社の債権者が、債権を回収するためには、 会社の財産だけしか期待することができません。
そこで、会社法は、日々変動する会社財産に対して一定の基準を設け、確保するよう規整しています。
この基準となる金額が『資本金』です。

4 所有と経営の分離
本来、会社の経営は、会社の所有者が行うものですが、株式会社の場合、共同所有者である株主は多数にのぼるため、事実上共同経営は不可能です。
また、株主は間接有限責任しか負わないため、一般的に会社経営ではなく、配当金や株式の売買などの投資の成果に興味があります。
そこで、株式会社では、経営は専門家である取締役に委ねられています。
株主は、取締役が不適切な経営をして損失を出さないよう監視し、必要に応じて意見する権利を持つだけです。

<< Q&A 一覧